HOME住宅用太陽光発電>太陽光発電とは

太陽光発電について

太陽光発電とは

太陽光発電とは?

昼間に発電、余った電力を売るムダのないシステム

太陽の光エネルギーを電気に変えるシステムです。
使っている電気の量よりも、発電している電気の量が多ければ、その間の電気代は基本的には無料です。特別なことは何もせず、気軽に創エネルギーができ、エコな暮らしがはじめられるのです。
地方自治体も太陽光発電を取り入れることを推奨していて、導入にあたっては補助金制度が適用されます。

「余った電力は電気会社へ」

昼間に発電し、余った電気は電力会社に売ることができます。売る電気と買う電気のやり取りは自動的に行われ、特別な操作は要りません。
月単位で買った分の電気代は電力会社に支払い、売った分の電力料金はお客様の銀行口座に振り込まれるカタチが一般的です。

太陽光発電の仕組み

太陽電池を使って発電した電気は、パワーコンディショナにより直流電力から交流電力に変換することで、 家電製品を使うことができるようになります。
太陽光発電のしくみ

①太陽電池モジュール

太陽光電池モジュールのパネルで太陽の光を受けて電気をつくります。
②パワーコンディショナ
太陽電池モジュールで発電された電力を家庭で使える電力に変換。システム全体を自動管理しています。
③屋内分電盤
発電した電力を各部屋で使えるように屋内分電盤で送ります。
④電力量計
総発電量から使用分を差し引いた電力(売電)量と、購入した電力(買電)量をそれぞれ表示します。

「太陽光」は自然エネルギー

太陽光発電とCo2排出量の関係

環境への貢献効果も、期待できます
太陽光は「自然のエネルギー」なので地域偏在性も少なく、環境に優しいエネルギーです。自然のエネルギーを使うことで化石燃料(石油・石炭、天然ガス等)の消費を削減し温暖化の原因となる二酸化炭素の発生を抑えることができます。この太陽光を各家庭で電気に変えることで年々深刻化する環境問題の解決策の第一歩といえるでしょう。

太陽光発電協会(JPEA)が定めている標準計算でいくと電力会社が1kwの電力を発電するのに必要とされているCo2排出量は360gとしており、太陽光発電によるCo2排出量は45.5gとされています。


一般の家庭で1年間に使う電気量は平均で5500kw位なので
仮に一年間で太陽光発電量が5500kwだった場合

5500×360g-5500×45.5g=1,729,750g (※1729t)

杉の木1本が年間で14kgの二酸化炭素を吸収すると言われているので、換算すると杉の木123本分の植林をしたのと同じくらいの効果があります


いざという時でも電気供給可能!


自立運転モードでいざというときも電気が使えます

地震や台風などの災害時に長時間停電になった場合でも、太陽光発電システムがあれば電気が使えます。(※1500wが上限)

太陽光発電には「自立運転モード」がついていて、専用のコンセントに使用したい電気製品を差し込めばその時発電している分の電気を使用することができるのです。天候条件や時間帯にもよりますが、上手に活用すれば電気が復旧するまでの間も電化製品が使用可能。TVやラジオの災害時の情報入手、携帯電話の充電など停電時にも活躍します。


災害時に活躍する主な「家電製品」の消費電力
ケータイ充電器 5W
液晶TV(32インチ) 250W
炊飯器(炊飯時) 1300W
全自動洗濯機 500W
冷蔵庫 150-600W
電気ポット(沸騰時) 1000W
ノートパソコン 50-150W

※消費電力はお使いの家電製品により異なります。ご家庭の家電製品の裏面などに記載されている消費電力の項目をご確認下さい


  NEXT 買取価格について(H28)
よくある質問

24時間いつでも無料見積もりOK!お気軽にご利用下さい!!