HOME住宅用太陽光発電>買取価格について

買取価格について

再生可能エネルギーの固定価格買取制度とは?

再生可能エネルギーが私たちの暮らしを支えるエネルギーの柱のひとつになるよう、日本全体で協力し
育てていくための仕組み。再生可能エネルギー(太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス)を用いて発電
された電気を、一定価格で電気事業者が買い取ることを義務付けた制度です。

日本の豊かな自然を活かして毎日の暮らしや経済を支える電気(再生可能エネルギー)
の普及を目指し2012年7月から開始されました。






再生可能エネルギー賦課金とは?

固定価格買取制度で買い取られる再生可能エネルギー電気の買い取りに要した費用は、再エネ賦課金に
よってまかなわれています。再生エネルギーとして発電された電気は日々使用する電気の一部として供給
されるため、再エネ賦課金は毎月の電気料金とあわせて電力会社より徴収されます。


※再エネ賦課金・算定方法(H27.5月の電気料金から適用されている単価)

「再エネ賦課金」=ご自身が使用した電気の量(kWh)×1.58円/kWh


「電気料金」+「再エネ賦課金」=月々の電力会社への支払い



再生可能エネルギーの固定価格買取制度

経済産業省は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度の平成28年度の買取価格・期間を発表しました


<太陽光(10kw未満)>:余剰買取制度

   平成28年度
  出力制御対応機器
設置義務なし 
(東電、中電、関電関内)
出力制御対応機器
設置義務あり
 (その他の電力会社関内)
 調達価格  31円/kwh  33円/kwh
 調達期間 10年間   10年間


<太陽光(10kw以上)>:全量買取制度

   平成28年度
 調達価格 24円/kwh
 調達期間 20年間


  NEXT 設置までの流れ
よくある質問

24時間いつでも無料見積もりOK!お気軽にご利用下さい!!