HOME住宅用太陽光発電>メーカー比較

メーカー比較



太陽光発電システムの国内シェアトップメーカーになります。
ルーフィット設計と呼ばれる技術で、スペースを無駄なく使用して設置することができ、形の異なる太陽電池を組み合わせることができます。モジュールを増やすことができるので、同じ屋根でもより多くの発電量を確保できます。また、三角形や小型など多彩な種類を備えているので、ほとんどの屋根に設置可能です。
パワーコンディショナ―は屋外設置の製品が主流です。(屋内設置製品もあります。)
1KWあたりの価格が安く、導入費用を抑えることが出来きます。

●高変換効率を実現する独自の技術。
●製品の種類が豊富
●太陽光パネル1KWあたりの単価が安い





サンヨーの世界最高水準の発電効率を備えた「HIT太陽電池モジュール」を自社製品に利用。
「夏が得意」と思われがちな太陽光発電ですが、パネルの表面温度が高くなりすぎると、発電効率は落ちてしまいます。HITはすぐれた温度特性で、幅広い温度範囲で発電量をキープでき、高温でも安定的に発電することが可能です。
また、パネル1枚あたりの発電量が多いため、従来よりも少ないパネル枚数ですみ、設置する屋根のスペースが小さくても十分発電できます。

●高温の夏場に強い
●小さな屋根でも十分発電可能
●屋根への負担を軽減



 

東芝の住宅用太陽光発電システムは住宅用太陽光発電モジュールとして世界最高となる最大モジュール変換効率20.1%を実現した250Wモジュール。日中だけでなく、朝や夕方のわずかな光でもエネルギーを沢山生み出すため一般的なシステムと比べより多くの電力を得ることが出来ます。

●単結晶型・バックコンタクト方式により高い変換効率を実現
●面積あたりの発電量が多くモジュールの枚数が少なくてすむためコンパクトに設置可能
●東芝のモジュールは見た目が美しくすっきりスマートなデザインなので家の外観に調和します



 

京セラは1993年に国内初の住宅用太陽光発電システムを発売以来、発電量のアップは勿論長期使用に耐えうる品質に、一貫してこだわってきました。
京セラは2012年に世界最高変換効率17.8%を達成した「GynaR」(ガイナ)セルをはじめ、自らの技術にこだわった製品づくりを続けてきました。そして、2014年。多結晶太陽電池をさらに進化させ、
セル量産レベルで世界最高クラスの変換効率の18. 6%を達成。さらなる技術の更新を目指します。

●世界初!太陽電池での「長期連続試験」認証を取得
●「低反射ガラス」と「d.BlueR」発電電力量UPの2つの技術
●変換効率世界最高クラス18.6%を達成





パワーコンディショナーの電力変換効率は97.5%と国内で販売されている製品の中で最高の性能を持っており、発電した電気をほとんど無駄なく家庭で利用することができます。
太陽電池モジュールはセル間の電位差で生じる出力ロスをカットする特許を取得するなど、発電効率を向上させる工夫が施されています。また日本の様々な気候条件を想定した耐久性の高いモジュール設計を実現しています。

●パワーコンディショナの電力変換効率が97.5%と業界最高
●太陽光発電システム全体としての総合力が高い
●日本の気候・風土にも耐える高い耐久性





昭和シェル石油株式会社の100%子会社として事業をスタート。
国内メーカーでは初の太陽光パネルの出力保証20年。10年目までは最大出力の90%を保証。11年目から20年目までは最大出力の80%を保証するという内容です。
シリコン系のパネルと比べて、影に強いなど特徴的なパネルですが、弱みとして発電効率の低さがあります。

●太陽光パネルの出力保障が20年
●影に強い
●屋根面積を勘案しての総合的判断が必要





ドイツNO1の導入数実績
研究開発から原材料の調達、製造、販売にいたる全行程を統括管理することで、高品質・低コスト製品の供給を実現しています。
またパネルの出力保証が、他メーカーにあるような10年という期間ではなく、25年という長期的な保証が付帯していることが人気の理由です。

●ドイツNO1の導入数実績
●太陽光パネルの出力保障が25年
●一貫した自社内生産による徹底した品質管理


NEXT 施工設置例
よくある質問
24時間いつでも無料見積もりOK!お気軽にご利用下さい!!