補助金について


補助金とは?

住宅用太陽光発電導入のための補助金制度。

地球温暖化などの環境問題が深刻化し、その原因となる二酸化炭素の排出を抑えるべく
また国内のエネルギー自給率を高める意味でも、再生可能エネルギーが注目を集めています。

太陽光発電は二酸化炭素や有害な排気ガスを発生させない“クリーンなエネルギー手段”

この補助金は、低炭素社会づくりに貢献する太陽光発電の普及を推進するため、住宅用太陽光発電システム
を設置する方を対象とした制度です。

かつては太陽光発電システムは非常に高価なものでしたが、開発が進み現在はかなり安価になってきていること
から国の補助金制度は平成26年3月31日に終了しました


設置費用がだいぶ下がり、売電が成り立ちやすくなったため、経済的にもエコ的にも補助金制度を
除外しても設置のメリットは大きいと言えます。




詳しくはJPEAのホームページのホームページをご確認ください。



国の補助金制度は平成26年3月31日に終了しました
(※J-PECが行っていた補助金ついての情報ページは、JPEAのサイト内にあるこのページに移動しました)




各地域の補助金等支援策

地方自治体による補助金には、都道府県からの補助金と、市町村からの補助金の2つが
あります。地域によって交付の条件や金額も大きく違いますし、そもそも補助金制度が
ない地方自治体もありますので各自治体のホームページ等でご確認する必要があります。



<お役立ちリンク>

SHARP(住宅用太陽光発電システム)

「日本全域の補助金検索」