産業用太陽光発電はプランにお任せ下さい
HOME産業用太陽光発電>導入のメリット

 導入のメリット

→ 産業用太陽光発電が今注目させている理由


Point 1: 高い単価での全量買取制度がスタート
太陽光発電で発電した電力の全量を高い売電単価で買い取る全量買取制度がスタートし、安定収益事業としての道が拓けてきました。

Point 2: 非常用電源・安定電力確保としてのニーズが高まる
現在の地域独占電力会社網の中で、年々上昇が見込まれる電気料金の値上げ、安定電力確保に対する不安から、非常用電源の確保など企業の自衛手段としてニーズが高まっています。

Point 3: CSRとしての効果が高まる
全電力の6割以上を消費する産業界として、電力の自給率を高めることがCo2排出削減効果としての環境保全活動、脱原発社会実現によるクリーン&セーフティーな電力社会に貢献することが社会的に高い評価を受ける機会になりつつあります。


→ 導入のメリット

●環境へ貢献
 環境保全効果
 ISO 14001取得への効果

●経済効果
 電力需要量の削減
 売電収入(固定価格買取制度を適用の場合)

●地域へ貢献
 地域住民への啓発
 自治体の取り組みのイメージアップ
 他の地域への波及効果

●防災対策
 緊急用電力の確保
 地域への災害対策情報の発信




●環境教育
 子供達への実教材
 環境意識の拡大

●CI効果
 積極的な環境貢献によるイメージアップ




小規模システム(発電容量:100kW未満) |賃貸住宅、店舗の屋根などの小スペースを有効活用
 ・マンションなどの集合住宅の屋根
 ・商店街のアーケードや商店街の屋根
 ・医療施設、養護施設の屋根
 ・オフィスビルの屋根や壁面
 

中規模システム(発電量:100kW以上1MW未満) |売電システムと自家発電システムを併設
 ・公共施設や学校のキャンパスの屋上
 ・駅舎や空港のターミナルなどの交通施設
 ・レジャー施設の屋上
 ・商業施設の屋上
 
大規模システム(発電容量:1MW以上) |昼間の使用電力を全て賄うシステムや太陽発電所
 ・工場や施設の屋根
 ・遊休地など広大な土地をを利用して


 

→「 全量買取」または「一部を全量買取」用途に合わせて選択することができます
設置システムのうち、一部は全量買取制度を適用した売電用システムとして、一部は自家発電システムとして、系統を分けて運用することも可能です。
万一の備えにもなる自家発電システムを多めに確保するか、売電収入を高めるために全量買取型システムとして運用するかなど、目的や費用対効果などを考慮した導入計画が重要となります。

■比較的大きな発電規模|全量買取型 ■初期投資を抑えた小規模向け|余剰電力買取型

  太陽光で発電した電力をすべて電力会社に
  売るシステムです。売電分とは連動せずに使
  用する電力は電力会社から買電。
  
  発電を、事業としてお考えのお客様向けの
  システムです。
 
  日中は太陽光で発電して自家消費。
  夜間や発電量が足りない場合は、電力会社
  から買電。またシステムの一部に全量買取
  制度を適用して、電力会社に売電することも
  できます。工場やビルなどでの、クリーンな
  エネルギー活用とエネルギーコスト削減を
  両立できるシステムです。