AGA・薄毛 ヘアカラー

ヘアカラーで薄毛は目立たない?髪に優しいごまかし方で隠せる髪色へ

投稿日:02/16/2019 更新日:

その髪の毛の変化、ヘアカラーでごまかしませんか?

髪が薄くなってきたから隠したい…
ヘアカラーって髪に悪いの…?

そんな悩みをお持ちではありませんか?

髪が薄くなってくると頭皮がうっすら見えてきたりして、周りの人の目線がどうしても気になってきますよね?

できれば自然でいたいし、育毛剤などのケア用品を使っていたとしても、効果が出てくるまではごまかしたい…。

とりあえず薄毛を少しでも隠すためにヘアカラーが良さそうだけど、やっぱり髪にダメージはあたえたくないし…なにかいい方法はないかな?

この記事ではそんな「薄毛をヘアカラーで目立たなくする方法」について紹介します。

この記事でわかること

  • ヘアカラーは薄毛は隠せるのか?
  • 髪に負担の少ないヘアカラー方法
  • 一緒にやると髪に優しいヘアケア

ヘアカラーで薄毛は目立たない?染めるならブラウン系色

髪が薄くなってくると、やはり頼りにしたいのは育毛剤です。

しかし育毛剤の効果が出るまでは、周囲に髪が薄くなったと思われたくないので、自然にごまかしておいきたいんですよね。

そんなときに試したい方法のひとつが「ヘアカラー」です。

少ない毛量や細くなった髪によって頭皮がうっすら透けて見えてしまうのを、髪色を明るくすることによって防止できます!

ヘアカラーする時に選ぶべき色は、ナチュラルブラウン〜ダークブラウン系がおすすめです。

カラーは重要で、暗すぎると頭皮とのグラデーションができてしまい、明るすぎると不自然のになり、余計に目立ってしまいます。

頭皮と髪の毛へダメージによる負担が心配

ヘアカラーをする上で心配なのが頭皮や髪の毛へのダメージによる負担です。

ただでさえ弱ってきている髪の毛に、ヘアカラーをやっても大丈夫なのだろうか?

>> ヘアカラーに要注意!髪や頭皮への負担で抜け毛や薄毛の進行の危険も

髪や頭皮へのダメージは多少なりともあると言われていますが、

その負担と、
その負担を軽減する方法
さらに一緒にやると効果的なヘアケアを理解して、出来るものを実践してみることをおすすめします。

ヘアカラーによる髪や頭皮への負担

薄毛をごまかすのに、やりたいけど心配になるのが毛髪や頭皮への負担。

そんな薄毛が気になる人がヘアカラーをやることで、実際にはどんな負担があってどんな危険があるのか?

大きな負担が考えるのはこの2つ
頭皮の炎症や肌荒れ
髪が傷んでしまう(キューティクルのはがれ)

>> ヘアカラーはハゲる!?ブリーチや白髪染めが薄毛の原因に!予防方法

頭皮の炎症や肌荒れのおそれ

ヘアカラー剤が頭皮に付着することによって、薬剤が頭皮に刺激を与えて炎症を起こす可能性があります。

さらに薬剤がしっかり流しきれていない場合、毛穴で細菌が繁殖しやすくなり抜け毛や薄毛を引き起こす可能性があります。

特に肌の弱い方は注意が必要です。

髪が傷んでしまう(キューティクルのはがれ)おそれ

ヘアカラーの薬剤は、髪の表層をこじあけるようにして内部へ浸透していきます。その結果、髪の毛のキューティクルがはがれてしまうおそれがあります。

頻繁にカラーリングしていたり、髪が痛みやすい方は注意が必要です。

ヘアカラー剤は段々と刺激性の低いものへと進化して入るものの、髪や頭皮にとっては負担になってしまいます。

ダメージの少ないヘアカラーの方法を知ることと、一緒にヘアケアを行うことで負担を軽減させましょう。

髪の毛や頭皮に負担の少ないヘアカラー方法

ヘアカラーを行う場合は負担の少ない方法で、髪の毛や頭皮を大事にしましょう。

カラーリングが髪や頭皮の負担になってしまうのは薬剤を使うために仕方のないことです。

カラーリングの種類でも、ヘアカラーやヘアブリーチは負担が大きくなります。

髪にやさしくカラーリングをしたいなら『カラートリートメント』がおすすめです。

カラートリートメントだと染める頻度は上げるようですが、自分で染められて同時にヘアケアにもなるトリートメント成分が配合されています。

▼負担を軽くカラーリングするならコレ
>> マイナチュレカラートリートメント|白髪染めの口コミや評判と販売店

ヘアカラーの負担を少なくする方法

まずは出来ることで負担軽減の対策をしましょう。

負担の少ないヘアカラー方法

  • カラーリングの頻度を低くする
  • プロ(美容室など)の施術で行う
  • 髪に優しいヘアケアを行う

少しでも負担を減らそうとするならば、やはりカラーリングを行う回数を減らすことです。

例えば1ヶ月に1度やっていたなら、それを2〜3ヶ月に1度に、はじめてやる方は経過を見ながらなるべく長い間隔を開けるように心がけてみると良いでしょう。

そして、ヘアカラーをする場合はプロに任せましょう。
美容室などでプロの方に相談しながら行うと、あなたの環境に合ったやり方やアドバイスをもらうことも出来ますね。

美容師さんの話(事例)

A「敏感肌ならこのヘアカラー剤にしよう」
B「髪が細いから薬剤を通常よりも少なくしよう」
C「次は2ヶ月後に来て経過を見させてもらえませんか?」

このように実際に髪の毛や頭皮の環境を見ながら、具体的な話ができてよりよい方法で対応してもらえることが多いはずです。

もし行きつけの美容室があれば相談してみてください。

ヘアカラーと一緒にやると髪に優しいヘアケア

ヘアカラーのダメージによる、髪や頭皮の負担を軽減させるには日々のヘアケアは必須です。

ヘアケアと言っても決して難しいことをしないといけないわけではありません。

数ある対策方法のなかで特におすすめな方法が「アミノ酸系シャンプー」を使うこと!

特にこだわりもなく市販のシャンプーを使っているあなた、毎日使うシャンプーを替えるだけでも大きな意味があります。

髪の毛や頭皮環境に優しいシャンプーを選ぶことが大切です。

まとめ

薄毛が気になっている方へ伝えたいこと。

カラーリングによるダメージが気になるのなら「カラートリートメントを一度お試しください。

これはオススメ
マイナチュレカラートリートメント|白髪染めの口コミや評判と販売店

続きを見る

そして、年齢を重ねて髪の悩みを感じ始めたら最低限シャンプーには気を使いましょう

毎日直接肌に触れるものだから、「安いものでいいや」とか「何でも一緒でしょ」とか言わずに、髪の毛や頭皮に優しいシャンプーを選んで簡単にヘアケアを行ってください。

他にも髪の悩みの対策方法をまとめた記事があります。よかったらご覧ください。

必見!
【対策まとめ】髪の毛頭皮のトラブルを予防改善するための8つの方法

続きを見る

育毛剤おすすめランキング

髪のお悩みを解消するために育毛剤を厳選して紹介しています。

人気育毛剤から合うものを探す/

おすすめランキング

【女性用育毛剤】

人気育毛剤の特徴を一覧で見る/

おすすめランキング

【男性用育毛剤】

ご覧いただきありがとうございます。
少しでもお役に立てたら幸いです。
[髪ワザ運営事務局]

Copyright© 髪ワザ , 2019 All Rights Reserved.