ハゲ

『毛深い人はハゲる』ってホント!?胸毛など体毛と頭髪の薄毛との関係

「毛深い人はハゲる!」

よく聞くけど本当のところはどうなの?

実際に毛深くてハゲてきてるんだよね…
まだ若いのに胸毛とか体毛が濃いから不安で…

そんな悩みお持ちではありませんか?

実際に「毛深い人はハゲる」って言葉は聞いたことある方が多いと思いますが、実際のところはどうなの?
体毛が濃い人であれば不安とともに疑問に感じると思います。

頭髪が薄くなってきて「自分は毛深いから仕方ない…」と落ち込んだり、
まだ若いのに毛深いことによって将来の薄毛に怯えて落ち込んでしまったり、

この記事ではそんな体毛の濃さと頭髪の薄毛についてお悩みを解消するために必要な情報を紹介します。

具体的には
毛深い人はハゲる?の真偽
体毛と頭髪との薄毛の関係性
ハゲ(薄毛)の予防・対策方法

の順番にご紹介していきます。

『毛深い人はハゲる』ってホント!?その真偽に迫る

都市伝説のように言われている体毛と頭髪の薄毛との関係、その真偽はいかがなものなのかを解説します。

結論を先に言うと、
毛深い人がハゲるというのは、あながち間違いではありません。

どうしてそんな曖昧な言い方をするのかと言うと、直接的に結びつくわけではないからです。

「直接的じゃなかったらなんなんだよ!?」って思いますよね。

それは体毛が濃い人と頭髪が薄毛になってしまう人は、
男性ホルモンという共通のワードが強く結びついているからなんです!

毛深い⇔ハゲ』ではなく、

毛深い⇔男性ホルモン⇔ハゲ』という影響の受け方が正しい表現と言えるでしょう。

体毛と頭髪の薄毛との関係性について

男性ホルモンの存在がわかったところですが、毛深い人が薄毛になるということは否定できないままです。

では、体毛と頭髪の薄毛と『男性ホルモン』との関係性について解説します。

人間は男性女性関わらずに、『男性ホルモン』と『女性ホルモン』の両方を持ち合わせています。その両方のバランスをうまく保つことで、健康状態を維持しているのです。

体毛や頭髪はそのホルモンバランスの影響によって毛深くなったり薄くなることがあります。

そんな影響を及ぼすのが男性ホルモンの『テストステロンと言われるものです。

男性性を強くするためのテストステロンが多く分泌されることで、毛細細胞が活性化され毛深くなる原因となっています。

しかし、頭髪については逆の効果が現れます…。

頭髪の薄毛にも種類があり、AGA(男性型脱毛症)という種類の薄毛が男性ホルモンの影響を強く受けやすいといわれ、テストステロンが酵素の5αリダクターゼによって働きを強められ、ジヒドロテストステロン(DHT)に変換されます。

この『ジヒドロテストステロン(DHT)』が毛乳頭において『TGF-β』という因子を増やし、もうひとつの因子『TGF-5』と結託することで脱毛へとつながりAGA・薄毛の原因となります。

このようにホルモンバランスが崩れて男性ホルモンが多くなることによって、体毛は濃くなり、頭髪は薄くなるといった対象的な症状が現れる可能性が高くなります。

その他の薄毛の原因となるもの

「オレは毛深いからハゲる」
「私は毛深くないからハゲない」
これらは両者とも浅はかすぎてしまうので、もう少し知っておきましょう。

前述のように毛深いということと薄毛との関係性がわかったところで、薄毛には実際には別の原因もあります。

▽薄毛の代表的な原因はこちら▽

  • 食生活の乱れ
  • 精神的な要因
  • 外的な要因
  • 不十分な睡眠時間
  • 遺伝的な要因

薄毛の原因については「薄毛になる5つの原因!手遅れになる前に早期対策でハゲは予防できる」の記事で紹介しています。

ハゲ(薄毛)の予防・対策方法

毛深いことでハゲてしまうなら予防も対策も関係ないじゃん…

いいえ、それは間違いです!
実際に薄毛は治療で治るものです!

毛深いことと薄毛との関係性で、男性ホルモンの影響をうけやすいのは確かです。
しかしその確率が100%ではない以上、予防や対策はまったく無意味ではありません。

それよりも薄毛は進行しすぎてしまっては治療できなくなってしまうので、早期の予防や対策が大切な役目となっています。

実際に予防・対策の方法としては

  • 専門クリニックへの相談
  • 生活習慣の改善
  • サプリメントで必要な栄養を補う
  • シャンプーを替える
  • 育毛剤を使用する

具体的な内容は「薄毛対策の正解はなに!?育毛剤やシャンプーあるいはサプリや食べ物か?」の記事で紹介しています。

すでに進行が進んでいる方と、
毛深いから将来が不安だという方、
それぞれ環境は個人差ありますので、ご自分に合った予防対策を行ってもらうことをおすすめします!