ハゲ

ヘアカラーはハゲる!?薄毛の原因になる危険と簡単にできる予防ケア

ハゲるのはイヤだけど、ヘアカラーでオシャレしたい!

ヘアカラーしたいんだけど、薄毛の原因になるって聞いて…
ハゲるリスクはあっても、なにか予防する方法はあるんじゃ?

ヘアカラーについて、そんな不安を感じていませんか?

オシャレを楽しむためのひとつとしてヘアカラーをやりたいんだけど、ハゲるリスクがあるって聞いて心配になる。

薄毛が気になって目立たないようにしたかったり、白髪染めをしたい方も、ハゲるリスクを考えるとヘアカラーはしない方がいいのかな?

そんな不安を取り除くために、しっかりとケアをすることをおすすめします!

この記事ではそんなヘアカラーについての不安を解消する情報を紹介します。

具体的には、
・ヘアカラーでハゲる原因
・ヘアカラーでハゲるのを予防するケア
を順番に紹介します。

ヘアカラーをするとハゲるのは本当?

「ヘアカラーをするとハゲる」
こんな話を聞いたことある方は多いんじゃないでしょうか?

実際にヘアカラーによってハゲることはあり、薄毛の原因になります。

しかし最近ではヘアカラーなんて多くの方がやっているし、ドラッグストアなどでも普通に市販されていて簡単に誰でも手に入りますよね?

ヘアカラーには薄毛になる原因はあるものの、正しい使い方とちゃんとしたケアをしていれば、大きな負担は避けられるものです。

ヘアカラーによってハゲる原因を理解して、薄毛に対して有効なケアを実践しましょう。

ヘアカラーの種類と特徴

ヘアカラーには種類があって、大きく4つに分類されています。

4種類それぞれの特徴と仕組みを紹介しますので、薄毛になる原因を理解しましょう。

①ヘアカラー

一般的に美容室などで行われているカラーリングが「ヘアカラー」です。

ヘアカラーの仕組みはというと、髪の毛の表面に薬液を塗布してキューティクルを開いて内部へ浸透し、キューティクルの中のコルテックスに入ったカラー液が内部のメラニン色素を分解、そして染料を沈着させて髪の毛の色を変化させます。

一回のカラーリングで長期間の持続が可能で、カラーの色や明るさも幅広く選択することができます。

デメリットは、キューティクルを開いて内部へ浸透させるため、髪の毛へ大きなダメージが加わります。

②ヘアブリーチ

「ヘアブリーチ」は、薬剤を髪の表面に塗布して内部へ浸透させ、髪の毛の内部にあるメラニン色素を分解して脱色し、髪の色を明るく変化させるカラーリング方法です。

ヘアブリーチの場合は、髪そのものを脱色させるため色の選択はできませんが、色が落ちたりすることはありません。

ヘアカラーと同様に、薬剤が内部へ浸透するためにキューティクルを開くので、髪の毛へのダメージは大きくなります。

③ヘアマニキュア

「ヘアマニキュア」はヘアカラー液を髪の内部へ浸透させずに、表面に沈着させることで髪の色を変化させます。

髪の内部ではなく表面で染めるため持続性は短く、明るさも他の方法と比べて劣ります。

メリットとしては、カラーリングの際に髪や頭皮へ与えるダメージが軽いことです。

④カラートリートメント

「カラートリートメント」は、ヘアマニキュアと同じく髪の表面に沈着させて色を変化させます。

回数を重ねて徐々に自然に染めることになるため、急いで髪色を変化させたい方には向きません。

一方でトリートメント成分が入っているので、カラーリングによる髪や頭皮への負担は少なく、使用する度にケアを同時に行えます。

ヘアカラーでハゲる(薄毛になる)原因

ヘアカラーの種類によってダメージの大小がわかったところで、そのダメージがどのように薄毛につながるのかを解説します。

髪が傷んで細くなり抜け毛の原因になる

ヘアカラー・ヘアブリーチの場合、髪の表面を保護しているキューティクルを開いて、内部へ薬剤が浸透してカラーリングする仕組みのため、髪が傷みやすくなります。

通常ヘアカラーは髪が伸びると何度も回数を重ねることになりますので、段々と弱く細い毛となる傾向にあります。

髪の毛は細くなるとボリュームは失われ、さらには抜け毛の原因にもなります。

ヘアマニキュア・カラートリートメントの場合は、内部へ浸透せずに髪の表面を染め上げるためダメージのリスクは軽くなります。

ヘアカラー剤が頭皮へ付着するとハゲる原因に

ヘアカラーでハゲる原因として注意してほしいのが、ヘアカラー剤の頭皮への付着です!

ヘアカラー剤が頭皮へ付着すると刺激を受け、頭皮が炎症を起こしてハゲる原因となります。

さらにヘアカラー剤が毛穴に詰まったまま放置しまうと、そこで細菌が繁殖して頭皮の環境は悪くします。頭皮や髪は大きなダメージを受け、最悪のケースは脱毛してしまう可能性があります。

ヘアカラーでハゲるのを予防するケア

ヘアカラーによるハゲるリスクがあることがわかったと思います。

それでもガマンせずにヘアカラーをやるために、少しでも負担が軽減できるように正しくヘアカラーをして、髪や頭皮のケアすることが大切です。

2剤混合タイプの場合はしっかり混ぜる

ヘアカラーは2種類の薬剤を混ぜ合わせてカラーリングをするものが多くと思います。

混ぜ合わせるときの1剤と2剤はアルカリ性と酸性で出来ていて、使用前の混ぜ合わせが不十分だった場合に頭皮へ強い刺激が付着することになります。

決められている放置時間を守る

ヘアカラー剤を塗布したら、洗い流すまでに決められた放置時間があります。

この時間を勝手に調整して、
・長くすると“より染まり”
・短くすると“軽く染まる”
と考える方がいますが、これはあまり効果はありません。

それどころか長時間放置することで髪の毛への負担は大きくなってしまいます。

カラーリングの際の放置時間は、決められた適切な時間を守ってください。

カラー剤をしっかりと洗い流す

ヘアカラー剤を塗布して放置時間が経過したら洗い流しますが、このときに簡単に洗って済ませてしまう方は要注意です。

ヘアカラー剤をしっかり洗い流すことが最も大切です!

いつもと同じように、一度だけシャンプーで髪を洗っただけでヘアカラー剤は洗い流せたと思いますか?

ヘアカラー剤が毛穴に残ってしまったら、重大な頭皮トラブルの原因にもなりかねません。いつも以上に念入りに洗い流すようにしてください。

毎日のシャンプーでメンテナンス

使うシャンプーにもこだわると効果的で、おすすめしたいのは『アミノ酸系シャンプー』です。

アミノ酸系シャンプーの特徴は、
・頭皮(肌)にやさしい
・洗い上がりがいい
・環境にも優しい植物由来
であることです。

アミノ酸系シャンプーは、髪や頭皮の汚れをしっかり落としながらも、髪の毛の成長・修復に必要な栄養であるタンパク質の成分を髪の毛に浸透させてくれる作用もあります。

例えばharuシャンプーは髪にも頭皮もやさしく、頭皮環境を整えて強い髪を育てる効果があるので、ヘアカラーで弱く細りやすい髪をケアするのに適しています。

さらに美しく黒い髪をつくるので、白髪のケアとしても効果を発揮してくれます。

そんなヘアカラーと相性のいいharuシャンプーの紹介記事をよかったらご覧ください。

関連記事:「haruシャンプーの口コミ評価は?抜け毛や白髪などのケアへ効果を解析

まとめ:ヘアカラーは正しく行いケアも大切に

ヘアカラーにはハゲる恐れがありますので、正しく行いその後のケアも大切にやりましょう。

市販されていて誰でも手軽に行えるヘアカラーですが、慣れていない方は美容院などでプロの正しい施術を受けるのをおすすめします。

プロの施術の場合は、その後のシャンプーケアだけ気を遣えば安心です。

またどうしてもリスクが心配な方は、トリートメント効果で使う度に同時にケアできる「カラートリートメント」を試してみてはいかがでしょうか?

マイナチュレカラートリートメント|口コミによる評判と販売店を紹介」の記事で紹介していますのでご覧ください。

【髪ワザ】育毛剤おすすめランキング
髪ワザをご覧いただきありがとうございます。デリケートな髪のお悩みを解消するために、おすすめの育毛剤をランキング形式で厳選して紹介しています!

男性用育毛剤おすすめランキング

女性用育毛剤おすすめランキング

お役に立てれば幸いです!
[髪ワザ運営事務局]